近年テロ事件が多発しているので注意

インドネシアは、政治問題や経済情勢、民族問題、宗教問題などの様々な要因により、治安はあまり良いとはいえません。

また、地域によって治安の良さに差があります。首都のジャカルタやバリ島では近年テロ事件が多発しているので特に注意が必要です。

インドネシアを訪れる際には、事前に自分が訪れる地域で過去にテロ事件が起きていないかや、その地域の犯罪率などを確認しておくことが大切です。

また、インドネシアでは以下のような犯罪が多いので注意が必要です。まず、バスの車内や人混みの多い街中でのスリや、路上やホテルのロビー、レストラン内などでの置き引きなどが多いので注意が必要です。

特に、繁華街や駅構内などの人混みにあふれ、観光客が多いとされる場所で被害が多発しているので注意が必要です。こういった場所では、バックや財布に対して最大限の注意を払うことが大切です。

バス車内でのスリは集団で行われることが多く、このスリグループは抵抗するとナイフで脅してくることもあります。

周囲を警戒して、危険を感じたらその場から離れることが大切ですが、万が一スリグループに捕まってしまった場合は、身の安全を最優先にして行動することが大切です。また、バイクでのひったくりも多いので、バックは体の前側か路肩側で持つことが大切です。

インドネシアでは、にこやかに日本語で話しかけてくる人がいます。単純に好意や好奇心で話しかけてくる場合もありますが、何かを法外な値段で売りつけようとしていたり、日本人専門のジゴロの可能性があります。

見知らぬ相手から声をかけられた場合は、あまり相手を信用し過ぎないことが大切です。特に、女性は性犯罪に巻き込まれるケースもあるので注意が必要です。

海外に行くと開放的になりがちですが、自分の身は自分で守るという意識を持って行動することが大切です。また、声をかけてくるのが麻薬の売人であることも多いので、その場合は絶対にかかわってはいけません。

観光地の両替商で両替をする場合、わざとお金を少なく渡されるということもあるので注意が必要です。一度その場を離れると、絶対にお金は返ってこないので、必ずその場で確認することが大切です。

このようなトラブルを避けたい時は、銀行や専門のマネーチェンジャーを利用した方が確実です。ただし、大金を両替すると、あとをつけられて強盗に逢うことがあるので、大金を両替するときはホテルで行った方が安全です。